フリーランス 転職

医師の非常勤ポスト探しに、おすすめの転職エージェントは?【取材を元に徹底比較】

非常勤ポスト用エージェント

 

こんにちは、コアライ ミナトです。自身の経験や独自取材を元に、転職や医局など、医師のキャリアについてのブログを書いています。

今回のテーマは「非常勤先をみつけるのに役立つ転職エージェント(サイト)」です。

 

こんな人におすすめ

・アルバイト先を探している常勤医師
・これからフリーランスになることを考えている医師

 

このブログでは、これまでに多くの医師転職エージェントに取材を行い、それぞれの強みや理念について伺ってきました。大手のエージェントについては、かなり網羅できていると思います。

そんな根拠のある情報を元に、非常勤ポスト探しという視点から各社を比較していきます。

 

さらに今回は現役フリーランス医師である、干菓子先生にもご意見を伺っています。

では、よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

 

はじめに

比較を行った転職エージェント

実際に取材をし、比較を行ったのはこちらの4社です。

・民間医局
・エムスリーキャリア
・マイナビDOCTOR
・医師転職ドットコム

 

医師転職エージェントと聞くと、ほとんどの方がこの中のどれかを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

重視したポイント

「非常勤探し」に関しては、医師の間で、利用しているエージェント会社がかなりバラけている印象があります。

常勤探し=転職と比べて、「非常勤に求めるものがみんな微妙に違う」「サイトを利用する機会が多くなるので、好みが分かれる」といったことが要因かと思います。

そんな中で今回は、「アルバイト探し初心者」「これからフリーランス医になるかもしてない人」を主に想定し、以下の2点を重視しました。

・相談にのってもらえるか
・求人数が多いか

 

相談にのってもらえるか

・初めて自分でアルバイトを探す
・フリーランスになる
・常勤ポストの日数を週3、4日くらいに削る

といった方には、ポストを決定するにあたって相談に乗ってもらえるエージェントをおすすめします。「病院と医師とのマッチングだけ」の会社ではないほうがいいですよ。

 

きちんと医師と病院、両方の希望を擦り合わせた上で決めたほうがトラブルが減りますし、事前の見学やレクチャーの段取りをつけてくれるので、かなりの手間が省けます。

非常勤の場合は特に、「どこまでの仕事をするのか」など事前確認がおざなりになりがちなので要注意です。

さらにフリーランスになったり、常勤日数を削ったりといった大きな決断をする前には、キャリア相談をすることを強くおすすめします。

私もフリーランスになるときには、勤務地や勤務日数、仕事内容などを相談しながら職場を決めました。見学に行き、話を聞いている中で「やっぱり辞めておこう」と思った病院もありましたね。

 

求人数が多いか

こちらは多くを語る必要はないかと思いますが、求人数が多ければ条件のポストがみつかる可能性が高くなります。

「圧倒的な求人数」というのは、それだけでおすすめする理由になりますね。

 

では、いよいよ各社を比較していきましょう。

 

民間医局

民間 top

・求人数
常勤 14000件以上、非常勤 13000件以上
・支社
北海道・宮城・群馬・埼玉・東京・千葉・神奈川・愛知・石川・京都・大阪・兵庫・広島・香川・福岡・熊本・沖縄

 

おすすめの第1位は、民間医局です。

1番の特徴は、「非常勤ポストの紹介であっても、まずは医師と面談を行い、希望調査を行う」という取り組みをされていることです。

先程も書いた通り、これによって自身の希望に沿ったポストを得られる可能性が高くなる、トラブルになりにくくなるといったメリットがあります。

 

さらにこの面談をきっかけに、将来のキャリアについて考えるきっかけになったという声もあります。

まだ具体的に考えていないけれど、将来の進路に迷っている…
ゆくゆくは医局を辞めたいけれど、きっかけがない

こういった方は、アルバイト探しのついでに、気軽にキャリア相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

さらに支社数は全国17箇所と業界最多であり、地域ごとのローカルな情報を入手しやすいのも強みです。

 

 

エムスリーキャリア

M3 top

・求人数
常勤 17000件以上、非常勤 13000件以上
・支社
東京のみ

 

続いては、医師転職最大手のエムスリーキャリアエージェントです。

こちらは非常勤ポスト探しの申込みの際に、「全員と面談をしている」というわけではないようですが、お願いをするとメールやオンラインで丁寧に相談に乗ってもらえます

私がフリーランスになるときに、相談に乗ってもらった会社です。

 

エムスリーの一番の強みは、「コンサルタントの質の高さ」だと思っています。全員が「医療経営士」の資格を取得していたり、独自の社内テストを設けていたりと、「人材の質」にこだわっている会社です。

フリーランスになる、常勤日数を削るなどなど大きな決断の前に、特に利用したいエージェントです。

 

メールの返信なども毎回迅速で、「きちんとメッセージが届いているな、確認を取ってくれているな」という安心感があるのですよね。「信頼と実績のエムスリー」です。

 

 

マイナビDOCTOR

マイナビtop

・求人数
常勤 40000件以上、非常勤 40000件以上
・支社
東京・大阪・名古屋・福岡・横浜・さいたま・千葉・札幌・仙台・京都・神戸・岡山・広島

 

マイナビDOCTORの強みは、何と言っても圧倒的な求人数です。

医師以外に、看護師や薬剤師などの転職サービスも系列内で行っているため、自然と多くの医療機関とのパイプができ、これが圧巻の求人数につながっています。

独占求人も多数ありますよ。

 

仕事探しにおいては、「求人数は正義!」です。おすすめ順では3番目になりましたが、複数社登録するのであれば、ぜひ検討したい一社です。

 

 

医師転職ドットコム

ドットコムtop

・求人数
常勤 24000件以上、非常勤 15000件以上
・支社
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

 

最後は医師転職ドットコムです。非常勤求人数ではマイナビDOCTORに次ぐ2番目となっています。

これ以外に、「非常勤ポスト探し」という観点でみたときの圧倒的な強みというのは、取材の中では引き出せなかったものの、間違いなく大手ではありますし、複数のうちの1社としてはありだと思います。

個人的な印象でいうと、他社にはない掘り出し求人がちらほらあるエージェントという印象ですね。

 

 

 

ちなみにいずれのエージェントも、利用はすべて無料です。

 

まとめ

医師が非常勤ポストを探す際に使える、転職エージェントを比較してきました。

改めて、おすすめ順に以下のとおりです。

民間医局

エムスリーキャリアエージェント

マイナビDOCTOR

医師転職ドットコム

 

ポストを探す際には、まずは2社くらいに登録してみて、利用しながら自分に合った会社をみつけていくという方針をおすすめします。

では、今回は以上です。参考になりましたら幸いです。

 

-フリーランス, 転職

© 2022 勤務医のマーチ